花火大会。

IMGP6283.jpg
2週間前の出来事がウソみたいに今日は綺麗な花火が目の前で上がっています。
スポンサーサイト

あっというまに水きました。

170707_065729 - コピー
今日ほど自分の家で過ごせる当たり前の幸せがありがたいと思った日はありません。
画像は今朝の我が家の前の駐車場。
昨今耳にする「線上降水帯」
まさか我が家の空の上で起こっているとは
朝目が覚めるまで思いもしませんでした。
カーテン開けた時にはあと2メートルくらいで車が冠水するところでした。

ここは大きな河口にほど近いので雨が降ったら危ないなとはおもっていましたが、
今回のこの水は右手の河口側からでなく、左手奥の山側から流れてきたのです。
避難所はすぐ裏手の高台に総合体育館があるのに
目の前が水浸しで行けない・・・。(無理して進んでいる車が恐怖)
今回幸いにも水が引いたので、頃合いを見て
車で高台へ一時避難しました。

災害情報はキンコンなった頃にはもうこの状態だったので今回役に立たなかったな。
私は天気図の前線と雨雲レーダーを参考にしています。
でも、ここまでになるとは思いませんでした。
今からはちょっとでも激しく雨が降り出したら行動しようとおもいました。

たった数時間の避難(と言っても十姉妹いるので車中避難)だけで疲れる。
自宅でお風呂に入れてゆったりできて布団で寝られる幸せ。

今回被災された方の事を思うといたたまれません。

洗濯物を干してたら・・・。

IMGP6190.jpg
先週ですが、洗濯物を干していてふと前の電柱に大型の鳥が止まりました。
ま、ここは河口に近い場所がらトンビがいるので珍しくもなかったのですが、
この鳥足元に何かを捕まえているのが目につきました。
後ろがピロンピロンしなっていたので、多分魚を捕まえたのでしょうね。
双眼鏡を(いつもカバンに携帯していて、宝塚観劇に重宝しています(笑))持ち出してよく見ると・・・。
IMGP6191.jpg
ん!?お腹が白いトンビ?
えっ!!!もしかしてミサゴ?( ゚Д゚)
IMGP6192.jpg
ミサゴだぁー!!!
すぐ近くの堰で大きなカメラを持ったおじさんたちがシャッターチャンスを狙っているこの鳥
まさか電柱で見られるとは思いませんでした(^^♪
また食事しにきてくれないかな~。
でも、家のまろちゃんは狙わないでね(^_^;)

豆岳珈琲さん10周年。

DSC_0042.jpg
久しぶりに耶馬渓の『豆岳珈琲』さんへ足を運んで珈琲とデザートそしてコーヒー豆を買いに
山へ登ってきました。
喧騒から離れてゆったり過ごしたい時におススメの場所です。
(ただし慣れてない方は道に迷いやすいので、迷われる前にお店に連絡を(笑))

しばらく伺っていなかったら…お店の南側が増築されていた( ゚Д゚)
DSC_0043.jpg
友達とおしゃべりを楽しんで、お会計を済ませる際にご主人が
「豆岳珈琲10年になりました。少しばかりのプレゼント入ってます」とおっしゃられた。

そうか~10周年なのか。
おめでとうございます💐
以前の日記を添付していますのでよろしければ飛んで読んで見てください。

こんなところにっ!
豆岳珈琲
豆岳珈琲さんから豆届きました。

雲林寺。 その2

IMGP6123.jpg
ポストにカエルちゃん
IMGP6124.jpg
IMGP6127.jpg
IMGP6132.jpg
この日は本当に雨が功を奏して緑がきれいでした。
IMGP6121.jpg
お寺の室内は猫だらけ!!!
この猫ちゃんたちを待ち受けにすると縁起が良いらしいです(^^♪
IMGP6116.jpg
そして猫の被り物。
IMGP6118.jpg
結構重たいので油断すると首やられそうです(^_^;)
IMGP6120.jpg
今回一番好きな猫ちゃんはこの子
IMGP6122.jpg
お参りの手が何とも可愛らしい~♪

ご住職と奥さまがお茶の御接待をしてくれます。
お話し聞きたかたっけど、時間がなかったのでまた時期の変わった頃にお参りします。
Mちゃん素敵なお寺に連れてきてくれてありがとう(^_-)-☆

雲林寺。 その1

IMGP6108.jpg
山口美術館を後にして、Mちゃんにつれていってもらいました。
場所は萩市(旧むつみ村)
IMGP6109.jpg
目的地へ進もうとしたら、猫ちゃんに出迎えてもらい。
IMGP6110.jpg
「こっちニャ」と言ってるかどうかわかりませんが・・・
IMGP6111.jpg
目的地雲林寺へ到着。
IMGP6112.jpg
テレビで紹介されていた猫が沢山ある(いる?)お寺です。
Mちゃんは仕事でこの近辺に来たときは寄っているそうです。
IMGP6114.jpg
この日はお昼辺りからパラパラと雨が降ってましたが、
お庭がとてもきれいに見える。(^^♪
IMGP6115.jpg
IMGP6125.jpg
IMGP6126.jpg
IMGP6129.jpg
IMGP6128.jpg
IMGP6131.jpg
IMGP6133.jpg
猫ちゃんいた!

-つづく。

スタジオジブリ・レイアウト展へ行きました。

IMGP6104.jpg
5月下旬山口にいるMちゃんに誘われてジブリのレイアウト展へ行きました。
山口県立美術館前の駐車場に何気に車を停めたら・・・。
目の前がMちゃんだった(笑)
偶然は必然?!
IMGP6105.jpg
ココの美術館に入るのはいつ以来かなぁ?
周辺はウロウロしています。(笑)
IMGP6107.jpg
今回の日記は自分用メモです。調べたいことがあるので・・・。
(最近メモしとかないと5分前に思っていたことすら忘れています(^_^;))
・もののけ姫 デイダラボッチの首が飛んだあとの抽象画
・ハイジ 19話列車の次の鉄橋のシーン
・千と千尋の神隠し カオナシの手がエリザベスみたいだったか?
・トトロ 電報を持ってきた郵便屋さんの立ち位置
・ラピュタ 飛行石で飛ぶ天空の城の山羊の家紋

スタジオジブリとタイトルにありつつ
ハイジや名探偵ホームズ・じゃりんこチエ等々があったのはなぜ?
ま、私は上に挙げた3作品特に好きなのでありがたかったですけど。
(できればホームズのレイアウトグッズ置いててほしかった展示しておきながらグッズないって…図録のお値段高い(-.-)) 
IMGP6106.jpg
IMGP6134.jpg
お土産はジブリ美術館デザイン仕様のモロゾフのクッキー
IMGP6135.jpg
ジブリ美術館マークのクッキーにいろんな味のクッキー詰め合わせ。
IMGP6137.jpg
缶のうらも素敵なデザイン(^^♪

Mちゃんとは短大時代によく学食でカルピス劇場およびハウス食品の名作アニメの主題歌歌合戦やりました(笑)
彼女は大の宮崎アニメファン。
私の周りでは特にナウシカを語らせたら一番凄い!!!
今回も熱く語ってくれました~(^^)/

2017 初夏 関西の旅。 オマケ

長々と書き綴ってきましたが最後にお土産&手作り市の戦利品の紹介。
IMGP6041.jpg
これは宝塚を一緒に観に行った I さんからいただいたお土産。
修道院で作られたお菓子。
やさしい甘さで美味しかったです。I さんありがとう~(^^♪
IMGP6031.jpg
コチラは宝塚2大和菓子と言って過言ではないと思います。
IMGP6032.jpg
つるやさんの『づか乙女』意外にも初めて買いました。
求肥がきびとヨモギの2種類にきびには黄粉・ヨモギには抹茶がまぶしてあります。
作りたてを箱詰めしてくれました、柔らかくて美味しい~。
IMGP6033.jpg
もう一つは永楽庵さんの『寶あわせ』
最中なのですが、自分であんこを詰めていただくので皮がサクサク。
最中は皮が口の天井に歯張りついてあまり好きでないのですが、
これは好きっ!
いつもは職場や陶芸教室へ持って行くので家の者は食べたことがなかった(^^;)
今回息子初めて食して「旨し!」と申しました(笑)
IMGP6034.jpg
続いて知恩寺の手作り市で手に入れた戦利品
IMGP6035.jpg
鼈甲簪の部品。
これ・・・鶴首に松って意外とシュールですね(笑)
IMGP6036.jpg
コチラも簪の部品か?宝袋
穴がハート♡になってる。
IMGP6038.jpg
こちらはガラス工芸のイヤリング。
売っているときはピアスだったのですが、無料でイヤリングの金具に交換してもらえました。
IMGP6039.jpg
コチラはマッチ箱に入ったミニチュアの粘土(?)細工
IMGP6040.jpg
夏の和菓子が入ってます。
飾るところないけど可愛くて買ってしまいました(笑)

手作り市だからかどの品物もお値段が安いっ!!いいのか?( ゚Д゚)
でも、手に入れやすいのでよく吟味しないと破産しそうでした(苦笑)

-2017 初夏 関西の旅。 これにてオワリ

2017 初夏 関西の旅。 その9

IMGP6012.jpg
殿堂の企画展は『スターの歴史展 花組編』でした。
歴代スターさんが並んでいましたが、私がよく見ていたのはコチラの方々。
IMGP6020.jpg
大浦みずき(おおうら みずき)さんがトップになった頃は「ダンスの花組」と称されていました。
IMGP6003.jpg
ベルばらも『フェルゼン編』とサブタイトルが新しく加わり。
「踊るフェルゼン」と言われていました。
IMGP6005.jpg
残念ながら生で大浦さんを観ることはありませんでした。
コチラはサヨナラ公演のポスター。
同時退団された娘役トップのひびき美都(ひびき みと)さんは福岡出身のジェンヌさん。
IMGP6018.jpg
大浦さんは2009年に病気のため亡くなりました。
とても残念です。
IMGP6021.jpg
大浦さんの次にトップになった安寿 ミラ(あんじゅ みら)さん
安寿さんは長崎出身
現在は舞台に出演のほか振付師として宝塚でも活躍中。
IMGP6006.jpg
花組公演は『メランコリック・ジゴロ/ラ・ノーバ』が初めてでした。
2015年に宙組がメランコリック・ジゴロを全国ツアーで再演しましたが、
残念ながら西周りではありませんでした(T_T)
IMGP6007.jpg
昨今は漫画原作のミュージカルを『2.5次元ミュージカル』と称していますが、
20年以上前に宝塚は手塚治虫氏のマンガ『ブラック・ジャック』を舞台化しています。
しかも、ショーも『火の鳥』最先端( ゚Д゚)
IMGP6019.jpg
ゴージャスな火の鳥
IMGP6022.jpg
安寿さんの次にトップになったのはお茶の間ではご存じ
真矢 みき(まや みき)さん
安寿さんトップ時代はヤン・みきコンビとして超人気でした。
IMGP6009.jpg
昭和なスタイルから変わっていった走りはたぶん真矢さんからだと思います。
サヨナラ公演のこのポスターポニーテールですね。
ポニーテール姿で燕尾服はミキさんが初めて(後にはまだいないかも)。

この後から現在まで花組たぶん観に行ってないですね~。
ご縁があるといいな(笑)

-宝塚は終わり、オマケへつづく。

2017 初夏 関西の旅。 その8

IMGP5996.jpg
公演終了後前日マザーズチケットのお土産でもらってた殿堂入場半額券でいつものところへ―
前回の公演『私立探偵ケイレブハント/Greatest HITS !』の衣装や小道具が展示中でした。
ちょっと時間がなかったので流し気味に見たのでピントが合ってない画像がありますスミマセンm(__)m
IMGP5997.jpg
IMGP5998.jpg
ショーパレードの衣装
羽まで背負うと20㌔ぐらいあるっていってたかな?細いスターさん達凄いよね( ゚Д゚)
IMGP5999.jpg
IMGP6000.jpg
スパンコール一つ一つ手縫いですよね。
凄いな。
IMGP5990.jpg
IMGP5991.jpg
コチラはケイレブハントの衣装。
昔は男役さんの衣装時代が時代のせいもあるのか物凄い肩パット入っていましたが(^_^;)
最近はごつくなくてシュッとしていていいですね。
私デザイン画も見るのすきです。
いつがデザイン画展の企画してくれないかな~。
IMGP5992.jpg
これは小道具
IMGP5993.jpg
探偵手帳です。
IMGP5994.jpg
ショーのトナカイさんいました(^^)/
IMGP5995.jpg
早霧さんはサンタクロースになっていましたね。
星逢一夜の晴興のような役も素敵だけど、
やっぱり早霧さんはコメディーが似合う。(笑)

-つづく。

2017 初夏 関西の旅。 その7

早霧 せいな(さぎり せいな)さん
ちぎさんがトップになってから観た公演を紹介
このブログの右のカテゴリ「宝塚」または「旅行」を漁ると過去ブログへたどり着きます。
201412170854266d8_20170531141256b87.jpg
痛恨の選択ミス…( ゚Д゚)
『ルパン三世』をなぜ観なかったルパン好きの私のバカ(^_^;)
WOWOW・スカステ(コチラは無料放送でお世話になってます)版は見ました。
IMGP1659 - コピー (2)
『星影の人』博多座公演はたまたま千秋楽のチケットがまだ売っていた時点で見つけたので
行ってきました。
初「絆、絆」を体験しました。
日本物久しぶりに観て、年とったせいもあるのか「日本物いいなぁ~。」と思うきっかけに。
そういえば「JIN‐仁‐」で豪快な坂本龍馬を演じていましたね。
IMGP3660 - コピー
秋の地方公演は『哀しみのコルドバ / ラ・エスメラルダ』
哀しみのコルドバは同郷先輩ジェンヌさん安寿 ミラさんも再演されていましたね。
福岡公演はここのところ再演ばっかりで飽きて(スミマセン)ますが、
早霧さんのエリオは良かったです。
“ラ”にやられました(笑)
IMGP3893_20170531141443a60.jpg
『るろうに剣心』は初めて2日連続でチケット取るというどっぷりヅカ沼にハマってしまっている自分がいます(笑)
映画版は家事の合間に見たぐらいで詳しくは知りませんでしたが、
舞台版面白かったです。
チギさんはもちろんですが、雪組全員の芝居熱が凄い感じました。
IMGP4551_20170531141433ab6.jpg
『ローマの休日』は私が個人的には一番好きな演目でした。
千秋楽サヨナラショーでも歌った「本当の二人、本当の物語」は一番好きな歌です。
IMGP5954.jpg
そして退団公演の『幕末太陽傳 / Dramatic“S”!』
サヨナラ公演らしからぬコメディーでしたが、居残り佐平次は早霧さんのキャラクターにふさわしい演目だったように思えます。
・相手をしに来たおそめとのシーンでタンゴを踊りながら掻巻(かいまき)布団羽織を脱がされていましたね(笑)
・起請文のラストで悠真 倫さんからなかなかおひねりを貰えなくてずーっと手を出して催促していましたね。(笑)
端々に見せてくれる早霧さんの「いー」の口の形の笑い顔なんか好きなんですよね。
・ラスト前長州勢が異人館の焼き討ちを成功させ行燈部屋へ戻り身の回りの物を取って眠っているおそめさんを背に
独り言「みっともないくらい 生きる気まんまん」というセリフが心を込めて言っているように聞こえました。(涙)

ショーも平成のベルばらの頃を観てた私には懐かしいけど新しい場面もあるいいショーだったと思います。
・赤い衣装昭和風なのときの早霧さんWOWOWで見た時より頭をだいぶ高く盛っているように見えました。
・絆のポーズの全員のシーン千秋楽は組子を見渡した後涙ぐんでるのをみて
「あぁ、チギさんは本当に雪組が好きなんだな」と思いました(T_T)
・男役黒燕尾群舞がべサメムーチョとは…なんて素敵( ゚Д゚)
最後のデュエットダンスがショパンの「別れの曲」なんて・・・(T_T)
剣 幸さんのサヨナラ公演のショー『ル・ポアゾン』でもシーンが別れの曲が入ってたのを思い出しました。

サヨナラショーは天神の映画館でライブビューイングてのを初めて観に行ったのですが、
映画館は拍手なしなんですね( ゚Д゚)寂しい私は密かに手叩いてました(笑)
東京千秋楽はよくありますが、宝塚の千秋楽ライブビューイングは初の事。
東京公演もまだ残っているからなのか、
雪組メンバーが明るいのか
節々に笑いが沸き起こるあったかい千秋楽だったように見受けられました。
私の隣の席の方はチギさんファンだったようで鼻をすする音がよく聞こえていました。
緑の袴姿のチギさんとても清楚で素敵でした。
最後の「絆、絆」画面上でしたが一緒に出来てうれしかったです。
もう2日空いてしまいましたが宝塚公演千秋楽おめでとうございます!

-つづく。次はいつもセットの殿堂コーナーへ

2017 初夏 関西の旅。 その6

IMGP5976.jpg
1階席入り口の壁には主要キャスト3人のポスター

『幕末太陽傳』は1957年に封切された。
落語「居残り佐平次』から主人公を拝借し、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などの物語を随所に散りばめた
川上雄三監督の代表作―Wikipedeiaより抜粋
主演の佐平次はフランキー堺・佐平次が居残る相模屋の女郎おそめを左幸子・高杉晋作を石原裕次郎と日活のスターさんが
てんこ盛りの映画界が華やかだった頃の映画だそうです。
私は今回雪組の制作発表でこの作品の存在を知りました。(映画版も見てみたいです)
宝塚バージョンに脚本・演出するのは
このトップコンビお披露目公演でも脚本・演出を手掛けた小柳奈穂子先生

プログラムを読んでいて、なぜこの作品を手掛けようと思ったか小柳先生が語っていらっしゃいます。
「家に父親のビデオコレクションで知った」と。
小柳先生ん家は相当映画好きなのではないかと思わせる。

IMGP5977.jpg
今回の公演103期生の舞台初披露
赤いお花の印は本日の口上を行う生徒さん。
ロケットの披露は大劇場のみ(例外もある)なので、貴重な公演。
私初舞台公演を観るのは初めてです。
背中を向けてフリルをふりふりさせて登場してくる演出かわいいです(*^。^*)
103期生は同期全員が演じられるのがこの公演が最初で最後。
千秋楽が終わると5組に配置されてそれぞれの組で活躍することになります。
この中でトップスターさん出るといいね!
皆さん頑張って!!!
IMGP5970.jpg
これから書くのは5/14・15・29(ライブビューイング)すべて混ぜて書いてます。
これから東京公演で観劇なさる方はネタばれありますのでご注意。(^_^;)
早霧さんは別個に書きます。
鳳翔 大(ほうしょう だい)さん
だいちゃんも早霧さん同様宙組から雪組へ組替え
『るろうに剣心』では大きな斬馬刀をもつ相良佐之助を演じました。
大きなだいちゃんにぴったりな役でした。
私個人的には『ローマの休日』の編集局長が好きです。
今回のお芝居では貸本屋の金造という役で、お金に困っているおそめが心中の相手に騙される役。
私の見た回で面白かったのは桟橋でおそめに早く海に入れと言われしぶしぶ入っていく捨て台詞に
「おかぁさーん、産んでくれてありがとー!!!」でした(笑)
道行の白装束姿で素敵に踊っているのにおそめさんと息が合わなくて
笑いが出ていて最高でした。
千秋楽ライブビューイングでは袴姿のあいさつが何とものんびりしていて客席から笑いがこぼれていました。
IMGP5974.jpg
娘役トップの咲妃 みゆ(さきひ みゆ)さん
ゆうみちゃんは憑依型の役者さんです。
普段の姿で出ているときは天然な答えを早霧さんにぶちかましたりですが、
役になり切る北島マヤのように見えました(個人的な意見です(笑))
同じく退団する星乃 あんりちゃん扮する同じく相模屋の女郎こはるとのキャットファイトは宝塚には珍しいシーンで
とても面白かったです。
キャットファイト後のあんりさんは舞台そでへはけて行く様がまるで1番取った関取のように堂々としていました。
昔は娘役さんは男役さんに寄り添ってという役ばっかりのような印象が見受けられましたが、
(それの表現に違和感を感じていました)
昨今は女性も仕事も家庭もバリバリやりこなすスーパーウーマンが現実にいるので、
劇団も現代の世相にあった表現に変わってきたなぁと思いました。
ゆうみちゃんの袴姿のあいさつの締めがちょっと記憶が飛んで覚えていませんが、
ちょっと???でお客さんが1拍おいて湧いたことを記しておきます。(笑)
それと、カーテンコール緞帳でチギさんと出てきたとき
「私の愛する人のイニシャルは“S”~それは早霧せいなさんです」と
最後まで熱愛の告白されてましたね(爆笑)
これにはチギさんも面食らってました。(^◇^)
本当にいいコンビを久々に観られて嬉しかった~。
IMGP5972.jpg
香陵 しずる(かりょう しずる)さん
がおりさんは山口出身だったのですね、私の第2の故郷出身の方だったとは。
脇をがっちり固めるいい演技をするジェンヌさんです。
今回は長州藩江戸詰見回役鬼島又兵衛
高杉たちの要望100両を出し渋っているくせに毎日女郎屋へ通うエロおやじっぷりが良かったです。
相模屋へ入ろうとするところを長州藩のメンバーに見られていて、自分は通りすがっただけと相模屋を去るシーンで
舞台袖へはける際に猫を見つけたていで「にゃー」と言っている回ありました(笑)
千秋楽では入れあげているこはるをお姫様抱っこして二階へ上がろうとしていました。
袴姿のご挨拶で組長の彼女の紹介文の中に「筋肉布団の研究熱心という所と亡霊役の紹介」で客席から笑いが湧いていました。
コメディエンヌとう称号を与えてもいいのではないでしょうか?
IMGP5973.jpg
桃花 ひな(ももはな ひな)さんは最後に紹介されるまで気が付かなかったのですが、
『ブラック・ジャック許されざる者への挽歌』でピノコちゃんを演じていたジェンヌさんだったのですね!!!
あのピノコちゃん好きでした。

ココには写真がありませんが、
先ほど書いたキャットファイトをした星乃 あんり(ほしの あんり)さん・蒼井 美樹(あおい みき)さんと
総勢7名の退団者がいます。
まだ東京公演がありますので悔いのないよう最後まで輝いて卒業してほしいと願います。

-つづく。

2017 初夏 関西の旅。 その5

IMGP5956.jpg
大劇場の公演ラインナップです。
IMGP5957.jpg
今回は雪組公演『ミュージカル・コメディー幕末太陽傳/ショースピリットDramatic “S”!』
この公演でトップコンビ早霧せいな・咲妃みゆ両人を含め大勢の退団が決定しています。
私が若かりし頃に観ていた(テレビが主です)頃はトップスターさんのサヨナラ公演では
演目がトップの方が最後に死んで終演というお話が多かったのです。
それはそれでアリなんかなとは思いつつ
全員がそうでなくてもいいんじゃないと心の中でぼやいていました。
剣 幸さんの『川霧の橋/ル・ポアゾン』はとてもいい作品だったと思います。
今回はコメディーと銘打ってるだけにお涙頂戴ではないです。
早霧さんのお披露目は「ルパン三世」だったから、サヨナラもコメディが相応しいと
私は思います。(ルパン三世テレビで見ただけですが面白かった~生が観たかった(;_;))
IMGP5958.jpg
前置きが長くなりましたが、雪組公演終わったら次は花組です。
邪馬台国が舞台。
花組は昨今トンとご縁がございません。(^_^;)
宝塚ブログで行った方の感想を漁ることにします(笑)
IMGP5959.jpg
その次は先日博多座公演が終了した月組
一番上の太陽王に扮しているのはトップ娘役愛希れいかさん( ゚Д゚)
最近の月組は新しいことにチャレンジしている感が凄いです。
博多座公演を観劇して、気になったジェンヌさんを見つけたので
チェックしていこうと思います。
直近は冬の地方公演かな?(えらい先の話ですね(笑))
IMGP5962.jpg
IMGP5963.jpg
IMGP5966.jpg
何回もここに訪れていますが、毎回新たな発見があります。
花道側にグッズ売り場キャトルレーヴへ行く通路があることを知りました。
そして雪組のグッズ特集のディプレイ。
劇場側からの入り口にもありますが、レイアウトがちょっと違う。
IMGP5964.jpg
早霧さんは最初宙組に在籍して、凰稀さんが星組へ組替えする時に雪組へ組替え。
意識して見始めたのはそのころからかな?
IMGP5965.jpg
早霧さんは普段も美しいお顔と評判です。久しぶりに宝塚おとめ買おうかしら(笑)
*宝塚おとめとは在団している全生徒(宝塚は在籍している劇団員を「生徒」と呼ぶ)さんが掲載されていて若手のチェックに欠かせないアイテムです。
IMGP5969.jpg
コチラはキャトルレーヴ入り口のディスプレイ。
キャトルレーヴは舞台パンフレットやDVD、CD,ポスターは勿論舞台写真や雑誌とありとあらゆるグッズが取り揃えている。
気とお財布を絞めて行かないと危険です(苦笑)

―つづく。

2017 初夏 関西の旅。 その4

IMGP6030.jpg
葵祭を急いで見て
やってきました毎度『花のみち』
さくらはすでに葉桜でいい木陰ができていました。
IMGP5524_20170526161821895.jpg
ひと月前はこんな感じ。
IMGP5960.jpg
でも、バラは今から見頃でした。
京成バラ園が作ったベルサイユのばら
IMGP5961.jpg
『べるさいゆのばら』
IMGP5950.jpg
『フェルゼン伯爵』
IMGP5949.jpg
『オスカル フランソワ』
IMGP6023.jpg
花のみちには薔薇以外にも色とりどりのお花も咲いています。
IMGP6024.jpg
IMGP6025.jpg
IMGP6028.jpg
IMGP6027.jpg
お手入れはご近所の方がボランティアでされていると以前も書きましたが
時間をかけ、愛情込めてお手入れされているのがよくわかります。
麗しい花(宝塚歌劇)も好きですが、本物の花も大好き♪
IMGP5951.jpg
何度訪れてもわくわくさせてくれる花の園。

―つづく。

2017 初夏 関西の旅。 その3

IMGP5934.jpg
百万遍からバスで河原町丸太町へ行き、御所の堺町御門辺りまで来ました。
葵祭の行列が少しでも見られたらと。
葵祭とは―
賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)の例祭で、5月15日に行われる。古くは賀茂祭、または北の祭りとも称し、平安中期の貴族の間では、単に「祭り」と言えば葵祭のことをさすほど有名であった。

この祭の特徴は、平安時代以来、国家的な行事として行われてきたので、わが国の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されているということである
***京都市観光協会「葵祭」のHPより***

葵祭の行列は堺町御門を出発してこの画像の奥から左手方向へ進むそうです。
こちらの方が正面向きで写真が撮れると思って場所取りしていましたが・・・。
ふと、この行列の間は奥の烏丸丸太町にある地下鉄駅へはもしかしたら進めないんじゃないか( ゚Д゚)
IMGP5935.jpg
次の目的地が大本命なので、今回は見られただけでも良しとしましょう。
IMGP5937.jpg
堺町御門の交差点向こうは絶好のフォトスポットで、多くの方が待ち構えていました。
IMGP5936.jpg
2階の窓を開け放ち、和服マダムが見守っています。
IMGP5940.jpg
何だかざわざわして来たら、行列の先頭が来た。
IMGP5942.jpg
しょうがないけど…お尻じゃちょっとねぇ~(^_^;)
今度のチャンスはいつ巡ってくるでしょうかね~(笑)
IMGP5946.jpg
葵祭と言われるのは身に付ける装束や牛車・牛・馬・御簾あらゆるところに葵(フタバアオイ)を飾るから。
フタバアオイそのものは以前上賀茂神社で見ました。
IMGP5943.jpg
私の好きな映画「鴨川ホルモー」の冒頭に
主人公が先輩に葵祭の牛車の御伴のアルバイト勧誘させられ、
当日行列に参加していだらだら歩いているというシーンがありまして、
彼らもバイト君なのかなぁ???(彼らは決してダラダラしていません(笑))
IMGP5947.jpg
さっ、名残惜しいが次へ移動。
にゃんこが人間がザワザワ移動しているにも関わらず日向でお昼寝。
IMGP5948.jpg
気持ちよさそうね~

―つづく。
プロフィール

ちぃちょぼ

Author:ちぃちょぼ
大分出身の転勤族です
2013年12月に芦屋町内へ
転居。これで7ヶ所目。

タイトルの「ちょるちょる」は
「~ちょる」という大分弁からとりました。
【~ing】~している。
語尾につく言葉。

前のブログは⇓
http://hajimechan.at.webry.info/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR